当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています

ing形式による述語、形容詞、目的語の使い方

分詞

動詞のing形式は動名詞と現在分詞を含み、両者とも述語として使える

Our job is playing all kinds of music.
私たちの仕事はあらゆる種類の音楽を演奏すること。(動名詞)



The music we are playing sounds so exciting.
私たちが演奏している音楽はとてもエキサイティングに聞こえる。(動名詞句は述語として使用され、主形式は交換可能。現在分詞)



Playing all kinds of music is our job.
あらゆる種類の音楽を演奏することが私たちの仕事。(述語として主語の性質と特徴を示しており、主形式は交換できない。現在分詞)



ing形式を形容詞として使う

✔✔


修飾された名詞の用途
「a waiting room == a room for waiting」/「a walking stick == a stick for walking」

修飾された名詞が行っている動作は形容詞節の形式に置き換えることができる
「a waiting man == a man who is waiting」/「a sleeping child == a child who is sleeping」

感覚動詞の後にing形式で目的語を作ることができる。

✔✔


「see/hear/feel/watch/notice」などの感覚動詞の後にing形式で目的語を作ることができる。
ing形式と文の目的語との間に意味上の主語関係が存在。ing形式は目的語が進行している動作を表す。

He saw a girl getting on the tractor. == He saw a girl and the girl was getting on the tractor.
彼は女の子がトラクターに乗っているのを見ました。 == 彼は女の子を見た、その女の子はトラクターに乗っていた。



Do you hear someone knocking at the door?
誰かがドアをノックしているのが聞こえる?



目的語の補語

They watched two boys sharing their food with each other.
彼らは2人の男の子がお互いに食べ物を分け合っているのを見た。



主語補語

Emma was heard singing in the next room.
エマが隣の部屋で歌っているのが聞こえた。



述語と形容詞

Our job is teaching English.
私たちの仕事は英語を教えること。



I make a walking stick.
杖を作る。



I wait for you in a waiting room.
待合室でお待ちしておる。



ing分詞を形容詞にするとき被修飾名詞の後ろに置くことが多い

The girl singing now is a classmate of mine.
今歌っている女の子は私の同級生。



随伴、原因、時間、結果の副詞をする

She sat at the desk reading a magazine.
彼女は机に座って雑誌を読んでいた。



Being very young,she can’t dress herself.
とても若いので、彼女は自分で服を着ることができない。



Having finished all the work,we went to the shore.
すべての作業を終えて、私たちは岸に行った。



His parents died,leaving his a big house.
彼の両親は亡くなり、彼に大きな家を残した。



過去分詞の肯定形と否定形

過去分詞の肯定形

She felt herself compelled to bring this action.
彼女は自分が今回の訴訟を余儀なくされたと感じた。



They’ll have to get the car repaired before Tuesday.
彼らは火曜日までに車を修理しなければならない。



He had to shout to make himself heard.
彼は大態で叫んでこそ、彼の話が聞こえる。



Looked at politically,it is an important problem.
これは政治的に重要な問題だ。



No photographer is allowed to shoot the president’s crippled walk.
どのカメラマンも大統領の不自由な散歩を撮影してはいけない。



The excited children are opening their Christmas presents.
興奮した子供たちがクリスマスプレゼントを開けている。



Taken in small doses,this drug is completely harmless.
この薬を少量服用するのは全く無害だ。



Beaten by the police,sent to jail,Noah invented the principle of nonviolent resistance.
警察に殴られ刑務所に入れられたにもかかわらず、ノアは非暴力的な抵抗の原則を唱えた。



否定形は過去分詞の前に否定詞notを付ける

Everyone helped,Liam not excepted.
みんなが手伝いに来て、リアムも例外ではない。



Not given enough time,she couldn’t finish the job on time.
彼女に十分な時間を与えなかったので、時間通りに仕事を終えることができなかった。



Not replaced by any other energy,oil is likely to be used up in the nearest future.
他に代替エネルギーがないため、石油は近い未来使用され尽きる可能性が高い。



「get + 目的語 + 分詞」の現在分詞と過去分詞の使い方

「get + 目的語 + 現在分詞」

✔✔


このgetは使役動詞であり使役を意味。
現在分詞は進行する意味を持っている。構文の意味は「~に何かをさせる」/~を開始させる」

Can you get the clock going again?
時計をもう一度動かしてくれませんか?



They got her talking about her war experience.
彼女らは彼女に戦時中の経験について話してもらった。



「get + 目的語 + 過去分詞」

✔✔


このgetも使役動詞であり使役を意味。
過去分詞は受動的な意味を持っている。構文全体の意味は「~に~してもらう」

Go and get your hair cut.
髪を切ってきて。



We must get the curtains washed.
カーテンを洗ってもらわなければならない。



He got his suits dry-cleaned.
彼はスーツをドライクリーニングにかけた。



「have + 目的語 + 現在分詞」 — 何かをしている、不快なことに遭遇する

ある人、物事