当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています

同僚や友人からお金を貸して欲しいと頼まれた時に注意するポイント

一般

自分の能力の範囲内で初めてかつ小額

自分の能力の範囲内で初めてかつ小額なら貸すかもしれない。そのお金を何に使うのか尋ねない。
同僚や友人は上も下もない関係であり、お互いに頻繁にコミュニケーションを取り続ける人。

どのくらいの金額なら貸すかは相手の信頼度次第。
お金を借りても無理をせずに短期間で返す約束なら相手に貸せると思う。

しかし何回も続くようなら2度目にお金を借りるときと最初にお金を借りたときの経過も注視する。

距離が比較的近い

完全に拒否するのもこれからの関係に影響を与える可能性が高く悩ましい。
結局のところ人生を堅実に生きているサラリーマンであれば他の人にお金を借りるよう頼むことはあまりない。

すぐに貸すのではなく長期間経って相手がどうしてもお金が必要になったら、また貸してあげる。
2度目は相手になぜお金を借りるのかを尋ねる。

相手が返してくれるかどうかも考えるし、状況や信用も考慮して相手にいくら貸すかなども考える。
お金を返してもらえるかどうかを慎重に検討する必要がある。
相手が責任感や常識に欠けている素振りがあるならすぐにお金が返ってこないことも覚悟しなければならない。

同僚が嘘をつきさまざまな理由で同僚からお金を借りていることが判明した

絶対に貸してはいけない。

相手が頻繁にお金を借りるほど生活費が必要なら相当な浪費癖がある。
困っているのとも違うので二度とお金を貸さないほうがいいだろう。