当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています

1人より2人、子供を多く生み育てることは本当に良いことなのか

思ったこと

自分の環境に沿って産むことが大切

子供は多ければ多いほどいいというわけではもちろんなく、自分の環境に沿った子供を産むことが一番。
生活水準が向上した今、子供が2人いても問題ない。
子どもたちに良い生活環境を与え良い教育を受けさせてより効果的な子育てができる。
子供たちは家族に祝福と喜びをもたらしてくれる。

個人の問題ではないが国の出生率は減少し高齢化は深刻。オープンな二人っ子と三人っ子政策に変わった。
将来的には多くの子供を持つ家族のための政策が優先されるだろう。
政府はすでに多くの支援策を導入しているがまだ機能していない。

お金に余裕があれば子供をたくさん産んだほうがいい。年をとったとき子供や孫はとても頼りになる。
いわゆる産前産後ケア、実は相対的なもの。

家庭環境が比較的裕福な人にとって複数の子供がいる場合、それぞれの子供に良い教育を与えることができる。
育てるための十分な資金がある。
育った子供たちは将来、社会で活躍する可能性も高く平凡ではない。

家庭環境が非常に悪い場合、たとえ子供を1人しか生まなくてもすべての教育費がこの子供に与えられても子供たちはさらに競争力が低下する。

子供が一人以下で良い教育と訓練を施すことが子供が多い家庭よりも良いということではない。
逆に子供が少ない家庭は子供に対するより強い期待と要求を生み出すかもしれない。
支援を考えると家族が増えるのは本当に良いことだ。

間違いを犯すことは長い人生に不可欠

人生は山と海に満ち世界は遠く私たちは小さい。
常に道に迷いやすいので間違った選択をするが勇気があればどんな間違いでも問題ない。

それらに耐えて成長することはそれほど悪くはない。
どこまで行ってもどれだけ間違いを犯しても振り返る意思がある限り常により良い方法がある。

人は賢者ではない。誰でも間違いを犯すことは長い人生に不可欠。
間違いを繰り返さないことは「自己検査・自己覚醒・自己理解」に繋がる。人生をより良く過ごすことができる。

「一瞬のミスで自分の能力を疑うな・一瞬のミスで他人の人生を否定するな」
ミスで責めすぎても人生は変えられない。

すべての過ちは人生において不可欠。
より素晴らしい明日のためでもあるため、落胆したり簡単に妥協したりする必要はない。

多くの子供がいる家庭では子供たちはより自立し将来の目標と理想をより多く持つようになる。
結果、産めるならたくさん生もう。