当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています

助動詞shallとwill — 未来の時制を構成、その使い分け

助動詞
✔✔


shall

未来の時制を構成
質問文で一人称の後、相手の意見を求めるため
各人が約束、願望、決心などを表す

ただアメリカでは一部の慣用表現を除いて、使われることは少なくなっているよう。
Shall I open the door ?→ Do you want me to open the door?
が好まれる。
慣用表現として使われるのは「Let’s go, shall we/Shall we go」

will

二人称に使用できる疑問文では要求を示す
未来の時制を構成する
人称、願望、傾向、決心、憶測などを表す

willは自分の意志、shallは神の意志という考えがあり、shallはより強い確信を示す。

shall

未来の時制を構成

They shall arrive tomorrow morning.
彼らは明日の朝到着する。



We shall often be coming here.
私たちはよく来る。



I shan’t

I perhaps shan’t be here long. == I perhaps shall not be here long.
私はおそらく長くここにいないでしょう。

I shan’tはshall not be here long(私はあまり長く滞在しない)に等しい。
これはイギリス英語の使い方でアメリカではwillを使う。ただ、今ではイギリスでもwillを使う人が増えている。

質問文で一人称の後、相手の意見を求めるため

Shall We turn on the light?
電気をつけない?



Shall we sit here?
ここに座らない?



各人が約束、願望、決心などを表す

They shall hear from us next week.
来週彼らは私たちの手紙を受け取る。(約束)



Shall he be here tomorrow?Yes,he shall.
彼は明日ここに来ない? はい、来るよ。(彼に来てほしい「と頼む・願望」)



That day shall come.
その日は必ず来る。(決心)



will

未来の時制を構成する

Liam will be here this evening.
リアムは今晩ここに来る。



They will get wet if They go out with out an umbrella.
彼らが傘をささずに出かけると濡れます。



We will let you know the day after tomorrow.
明後日にお知らせします。



So they will catch the 9 o’clock train.
だから彼らは9時の列車に乗る。



willは常に’ll,否定的な多短縮はwon’t

「I’ll/he’ll」 let you know tonight.
私/彼は今夜あなたに知らせます。



I won’t do this again.
私は二度とそんなことはしない。



二人称に使用できる疑問文では要求を示す

Will you type this,please?
これを打っていただけない?



If you want help.let us know,will you?
助けが必要なら、私たちに知らせてくれませんか?



Won’t you sit down?
座っていただけない?



人称、願望、傾向、決心、憶測などを表す

A man who won’t work is no good.
働きたくない人は意気地がない。(望む)



Boy will be boys.
男の子はいつも男の子。(傾向)



This will be the book they’re looking for.
これは彼らが探している本に違いない。(推測)