当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています

親に期待することを諦める、捨てられた子供たち

思ったこと

子供を捨てる人がたくさんいる。田舎でも都会でも必ず子供を捨てる人がいる。
家庭環境が悪いために子供を捨てた人もいれば夫婦喧嘩のために子供を捨てた人もいる。

  • 子供たちのことを考えたことがあるのか?
  • どんな問題に直面するだろうか?
  • 離婚したら幸せになれると思っていたが子供のことは考えていないのか?

周りの生きた例

その少女はさまざまな理由で夫と離婚した。ドロドロに離婚した。
自分の子供のことを考えていないので非常に利己的。

当時3歳だった子供は知らず知らずに父親に「どうしてお母さんは一緒に帰ってこなかったの?」と尋ねた。
「後で戻る。」
父親のその一言でその子はドアのところでずっと待っていた。毎日待っていた。

父親は子供がどれほど哀れであるかを見て真実を伝えた。
「私は母親と離婚した、母親はもう私たちを望んでいない。」
その子はその場で泣いた。日をまたいでも泣き止むことはなかった。

いくらか成長した彼に誰かが尋ねたとき、彼はこう言うようになった。
「お母さんはどこ?と聞いたところで、私の母は戻ってこないと言うだろう。私はもう母が欲しくない」
深く心が傷ついたまま、もう親に期待することを諦めてしまった。

結婚後は男性も女性も子供を持つことについてよく考えなければならないと思う。
子供を持つことを決定する前に両方の当事者が親になる準備ができており、子供たちを育てられるか。
結婚が破綻した場合、子供たちも考慮する必要がある。
子供への害を最小限に抑えるためにどちらの側と一緒に暮らすのが適切か。

PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ